養育費相談支援センターホームページより

Q

相談者書面で約束した養育費が支払われなくなりましたが?

A

私的な書面の場合、相手に督促しても支払われないときは、その書面では強制執行はできません。 私的書面の内容を根拠に簡易裁判所や地方裁判所の民事訴訟等の手続によって請求することも可能ですが、 実際には将来分の養育費と併せて、改めて家庭裁判所に調停を申立てて請求することが多いようです。

相手と話合いができるようなら、公正証書を作成するとよいでしょう。 その場合は、約束を守らなかった場合には強制執行ができるという認諾条項の付いた公正証書を作成することをおすすめします。

他の養育費の相談内容Q&Aは、こちらからご覧いただけます。

⇒養育費相談支援センターホームページ

養育費相談はこちら

⇒ひとり親家庭等就業・自立支援センター「養育費相談